車を売るのはどこがいいの?

HIDについて調べてみました。

明るくなりすぎて迷惑になりはしないだろうか?

たまに対向車とかで明るすぎるヘッドライトの車がいたりします。

あれがHIDの正体なのか?
だとしたら迷惑なんじゃないかな?
とか
照射の角度とかはどうやって調整するのだろう?
とか
自分で取り付けするのって大変なんだろうか?
とか
保証とかはどうなっているのだろうか?
疑問は尽きません。

 

でも、田舎の道の走行には欠かせないような気もしているのです。
そこで、後付のHIDについて調べてみることにしました。

HIDの色温度について

HIDを語るには欠かせない色温度というものを発見。
あまりにも青白い光のものは、車検に通らないらしいです。
でも、目立ちたい人は青いのを付けるらしいです。
ちょっと幻想的な世界ですね。

色温度低 絶対的光量が大きい。特に悪天候時の視認性が良好。
色温度高 幻想的な 「蒼白い光」 が得られる。単に目立ちたい人向け。

3000K前後 ⇒ 一般的な純正ハロゲンバルブの公称色温度がこのくらい。
4000K前後 ⇒ かなり白い感じ!光量が最も大きく、視認性に優れる。
5000K前後 ⇒ もっと白い感じ!夜間全く不安なし。
6000K前後 ⇒ 明らかにHIDと判る真っ白な感じ。このへんまでが狙い目か?
8000K前後 ⇒ この辺から車検非対応か?青みがかった色でちょっとかっこいい?
10000K以上 ⇒ 大黒ふ頭モード?暗く感じるくらい青いらしい。

 

6000Kぐらいが満足できそうなのでこの辺にしてみようかな?

どんなメーカーがあるのか?

楽天のHID(キセノン)ランキングをみたらこんなに安いので大丈夫なの?
とちょっと不安になりますね。

 

メーカーがとても不明瞭だということだけが鮮明になりました。
中国製のものがすごく多いので結局、信頼できそうなものを選ぶには
保証制度がしっかりしているかどうか?ですね。

 

中国製ですか?
と聞いてみて、わからなかったり
ごまかそうとする業者からは買わないほうがよさそうです。

明るさを選べるのか?

ハイ、結構幅広く選べます。
でも、車検に適合しているものとそうでないものがあるので、
購入前にはチェックが必要です。

HIDに替える前に!

まず、どこのランプを替えたいのか?

替えるとするとハイビームとロービームとフォグランプの3つ選択肢があるわけです。
フォグだけ替えるかフォグとロービームを替えるのが一般的で
ハイビームまでHIDに替える人は稀だと思います。
なぜなら、HIDは、瞬時に明るさが出ないので、パッシングなどでは意味がないんです。

自分の車種にあったHIDを見つけるには?

ここの会社のサイトには、HID適合チェッカーというのがあって、
自分の車のメーカーと車種、年式や型式を選ぶと適合する商品が出てきました。

どれだけ明るくなるのか?

よくわかるように写真を撮っておきました。
  
どこのHIDを購入したのかというと今のとこまだ秘密です。
もうすぐ到着の予定です。

アイドリングストップの車には適さない

とあるメーカーでこんな注意書きを見つけました。

アイドリングストップ機能はアイドリング時に電圧が降下し、バラストが起動しなくなる為、不点灯になります。 オートライト機能はコンピューターの制御等により、低電圧の設定になっているケースがあり、その為点灯不安定になる場合があります。 また、連続的に点いたり消えたりする環境ですとバラストも on/off を繰り返す為、バラストに負担がかかり、故障の原因になります。
ご利用される場合は機能オフの状態にてご利用ください。

商品が届きました。

明日は出かけるので、あさって取り付けたいと思います。
まずは、写真だけアップしておきます。



 

ヘッドライトを後付けHIDに交換してみる関連ページ

タイヤを購入するのはどこが良いのか?
本当は街で信頼のあるタイヤ屋さんでしっかり見ておもらうのが一番良いですよね。良いお店は、商品も安く腕も良いのですが、最近では通販の方が安い場合も多いのです。