車を売るのはどこがいいの?

相場を知っても意味がない?

多くの人は自分の車の現在のおおよその査定額を気にします。
例えば、新車を購入する時だったり、
中古車を購入するときに損したくないからなのだと思います。

 

ただ、その相場自体には多くの場合ほとんど意味がないのです。
では、車屋さんの買取基準はどんなものなのでしょうか?

車屋さんの買取基準

新車ディーラーが参考にしているのは、一般財団法人 日本自動車査定協会【JAAI】が出している 『中古車価格ガイドブック』 です。シルバーブックとかイエローブックという現在の適正価格の基準が掲載されています。また、査定ガイドには、車のグレードの特定の仕方などが記載されているので、基準値はここから導き出されることになります。

 

で、新車ディーラーは、下取りの際には、これに合わせて損しない価格で買い取るのです。
ここでは、プラス査定はありえません。

 

なぜかというと新車ディーラーは下取りした車を中古車業者などに卸して利益を上げていたからです。

でも、最近は商売にならなくなった。

下取りが商売になったのは昔の話です。
今は、賢い消費者は、下取りには出さなくなってしまいました。
理由は、買取店に売ればプラス査定があるからです。

 

社外品のカーオーディオやアルミホイールなど高価な部品には、プラス査定を出す買取店も多いです。買った額からすれば大した額ではありませんが、プラス査定のない下取りと比べればそれだけで充分な価値があると思います。

 

でも、最も大切なのは、買取店は、なるべく安く仕入れるに越したことはないということです。高値で売りたいあなたと安値で買いたい買取店、たった1社で査定してもらったところで、本当の中古車市場での需要やあなたの車がマーケットでどのような位置にいる車なのかはわかりません。ひょっとすると、車屋さんの基準値とは全く異なる高値がつくこともあるのです。

で、本題です。

どこで売れば良いのか?
多くの人が気にするのですが、聞いてみないとわからないです。

 

その買取店の持っているノウハウや実力によって、全く異なる結果になると思います。
一番良いのは一括査定のサービスを使うことだと思いますが、
彼らのはじめの提示額は、新車ディーラーの基準値と全く一緒です。
要するに、一括査定のサービスは入口にしかすぎないのです。

車査定の相場とは?エントリー一覧